当事務所の特徴

労働力人口が減少し続ける日本では、今後労働力の確保はとても大きなウェイトを占める経営課題です。業務効率化もやらなければなりませんがそれにも限界があります。

そこで、資格外活動許可を得た留学生がアルバイトで日本人が敬遠する人手不足の仕事に就き、技能実習生を受入れ、技能を学んでもらいながら人員として換算できるレベルの仕事を行ってもらっている、行えるよう教育しているのが現状です。

技能実習制度に関して個人的には、制度を抜本的に変える必要があり、そもそも技能の移転を目的とうたうのではなく、労働力として来日し、働いてもらうためのルールをきちんと整備していくことで、制度上起こっている様々な問題が改善していくと思います。

しかし、今の時点では現在の法律に則った対応をせざるを得ません。既に留学生アルバイトや技能実習生なくして豊かで便利な生活は維持できず、もし彼らがいなくなればたくさんの企業が倒産し、日本人の生活はかなり変わるでしょう。それほど彼らの存在は大きいです。

私は社会保険労務士の資格を有する者である事に加え、多様性推進の実践として行っている「すかSUKI」の活動を通じ、特にインドネシアとご関係がある一般企業様や技能実習制度の監理団体様、受入れ企業様に対しお力になれることがございます。


【日本での活動】

日本在住インドネシア人との交流会
日本に留学している、働いているインドネシア人が集まるイベントを定期的に開催しています。ここでは、日本在住インドネシア人の方々が出会い交流する場になっています。

【インドネシアでの活動】

教育機関、現地送出機関対応等
特に日本語教育に関わっているインドネシア人の先生に会う機会が多くあります。また、関係のある現地送出期間と情報交換等を行っております。
また、それ以外にもご要望がございましたら、内容に応じてご対応させていただいております。

日本語学習者支援
将来日本に留学、就労する可能性がある現地日本語学科学生、日本語学習者と交流し日本語学習をサポートしています。

【ウェブサイトでの活動】

日本で学びたい、働きたいインドネシア人に対し日本の情報を提供
日本に行く機会は増えているものの、まだまだインドネシア語で提供されている日本の情報は少ないです。その為、ウェブサイトでは日本に来る前に知っておくべき情報をインドネシア語でご紹介しています。



外国人であっても日本人であっても、大事なのは信頼関係
なのではないでしょうか。

「この会社は私の事をしっかり見てくれている」、「この人は私の話をきちんと聞いてくれる」。そう考えてもらえる関係ができているのであれば、大きな問題に発展する前に、お互いの意見をぶつけ合う機会が必ずあり、その中で一緒に答えを見つけていけると思います。

しかし、なかなか社内の人には言い辛いことは少なからずあるでしょうし、人間関係がうまくいっていなければ、全く社内の人に相談しない可能性もあります。

そのような時に、弊所に、あるいは「すかSUKI」に労働者や技能実習生から相談をしてもらえれば、第三者として相談者と向き合って話し合い、会社と一緒に解決に向けた話ができます。結果、外国人を受け入れている企業様のお役に立てると考えております。

労使紛争を未然に防ぎ、労使双方にとって望ましい就労環境を整えていくのが、社会保険労務士の仕事ですので、お力になれましたら幸いです。

何かご質問等ございましたら「お問い合わせ」ページよりお気軽にご連絡ください。