最新投稿

増える日本で生活する外国人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人の受入れが進んでいる事がわかるデータについての報道がありました。

<日本経済新聞:2018年7月12日>
外国人最多の249万人、東京は20代の1割 人口動態調査

<日本経済新聞:2018年7月12日>
外国人、1都3県7.9%増 23区、都心部周辺が上位

双方の記事を見るといかに日本に住む外国の方が増えているかが伝わってきます。特に都市部、東京は前は観光客が増えたなと思った程度でしたが、今は住んでいる方がかなり多くなっている状況です。

東京に行くとコンビニエンスストアのレジの1人は外国人留学生。複数のレジを留学生が流暢な日本語で対応している事も珍しくありません。飲食店等のサービス業も同様の状況です。既に都心のサービス業は外国人留学生頼みと言えます。

また、インドネシアからの技能実習生は全体の1割程度とまだ多くありませんが、SNSを見ると日本各地に住んでいる人達の投稿がアップされ、どんどん増えている印象です。特に若い人が少ない地方においては、彼らの存在は非常に大きいものと思われます。

今のところ日本に来て学びたい人や働きたい人が増えている状況ですが、これもいつまで続くかはわかりません。その他の先進国でも高齢化が進み世界的な人材獲得競争が加速します。日本に来る人が増えているのは大変ありがたい事ですが、日本のリアルを体験しポジティブな面だけではなく、ネガティブな面も帰国した人から話を聞く機会も増えます。

日本の生活環境は言葉を始めまだまだ外国の方にとってわかりやすいものとは言えないのが現実です。労働力として来ていただくだけでなく、観光客としてお金を使っていただく事も日本にとっては重要です。いずれにしても外から人を受け入れないと日本はどんどん縮小していく一方です。

現状は日本は移民を受け入れない方針ですが、実際に住む方が増えている実情を考えると、その対策にあまり時間をかけていられないと思います。自分のできる範囲で役に立てることをしていきたいと思います。

関連記事