最新投稿

どうなる今年の最低賃金改定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年上昇し続けている最低賃金の改定についての議論が、厚生労働省の中央最低賃金審議会にて始まりました。

「3%」上げへ最低賃金の議論始動、審議非公開に疑問の声

現在は全国平均が848円、一番高いのは東京で958円です。記事タイトルの通り3%の最低賃金引き上げになった場合、25円の引き上げになり東京は983円となります。

最低賃金は毎年10月1日頃に全都道府県改定が行われますが、このままのペースでいくと来年2019円の10月頃の改定のタイミングで東京はいよいよ最低賃金1,000円超えとなります。

現在、東京では人手不足のため最低賃金では人が集められず最低賃金以上の時給で求人が行われていますから、最低賃金の改定は特に問題になるケースは少なくありません。

しかし、特に地方であったり、求人方法を最低賃金に設定している企業等については、どうしても毎年のこ最低賃金の改定のタイミングでの対応を迫られます。

改定において変更日を確認した上で給与計算を行わないと、最低賃金以下の時給で給与を支給してしまう事にも繋がるため注意が必要ですので、特にそのような企業様等は特に審議会の動向についてご注意いただければと思います。

関連記事