最新投稿

新年度2017年4月1日からの変更内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日4月3日、4月になり初めての平日という事もあり、街は新入社員の初々しい姿をよく見かけました。入社式、研修を経て将来の日本を担う多くの若者が社会に出ていく姿を見て、私も新たな気持ちになりました。

4月1日より毎年様々なルールが変わりますが、その内容をピックアップしてご紹介したいと思います。

○雇用保険
4月からの雇用保険料率が下がります。これは嬉しいお知らせではないでしょうか。

<厚生労働省>
平成29年度の雇用保険料率


○国民年金
4月分より国民年金保険料が230円増額し16,490円となります。

<日本年金機構>
国民年金保険料


○厚生年金
昨年10月より従業員501人以上の企業を対象に、厚生年金に加入する要件が変更となりました。この4月からはこの対象が拡大されています。

<厚生労働省>
平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がっています!(社会保険の適用拡大)

<厚生労働省・日本年金機構>
短時間労働者に対する厚生年金保険等の適用が拡大されています

労使合意に基づく適用拡大Q&A集

厚生年金の加入要件が徐々に拡大されています。今回の変更は労使合意が前提ですが、将来的には財源確保の為に強制的な適用も十分ありえると思われます。

関連記事