最新投稿

すかSUKI新聞vol.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すかSUKIでは、インドネシア人の日本語学習をサポートしています。その一環として、日本の情報を日本語とインドネシア語で紹介する事で、日本語学習ツールとして使える「すかSUKI新聞」を発行しております。

先日最新号のvol.12が完成しましたので公開致しました。タイトルは、「難民認定申請者データ(2010年~2016年)」です。
すかSUKI新聞vol.12

今回の内容はインドネシア人の方にとってネガティブな内容ではありますが、日本で起こっている事実であり、将来日本に行きたい人が多い日本語学習者に知ってほしい内容の為ご紹介する事にしました。

これから日本に行くインドネシア人が増えるのは確実です。しかし、日本に呼びたい当事者からの情報はどうしても偏ってしまいがちな事は否めません。

すかSUKIは日本に行きたい人達に日本の情報提供をする事をひとつの活動目的としています。彼らが日本に行く前に多くの日本に関する情報を知る事ができる環境づくりをするとともに、自分の頭で考えて日本に本当に行くのかどうかを考えるようになってほしい、と切に願います。

今は多くのインドネシア人が日本に行きたいと言ってくれています。しかし、これからインドネシアも経済的に豊かになり、その他の国への出稼ぎも選択肢に入れるようになる中で、今後も変わらず日本に行く事を選んでもらえるとは限りません。

日本に実際に行き日本での生活を体験した人達が、日本の良さを伝えてくれる。これが日本に引き続き来てもらうための一つの方法でしょう。日本に行く前、日本で滞在中、インドネシアへ帰国後。それぞれ適切な形で力になる事ができれば、できない事ではないと思います。

今回の新聞の内容の事が起こってしまうのは、やはりどこかに問題があるからです。もちろん意図的に違法な行為をする為に行くのは論外ですが、中には情報が得られず結果仕方なく難民申請をするという人もいるでしょう。

とにかく情報を伝えていく事。この点に今年は力を入れて、インドネシアで、日本で活動をしていきたいと思います。

関連記事