最新投稿

ヤフーが週休3日制導入を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柔軟な働き方ができる環境作りを実施する企業が、少しずつ増えてくると思わせる記事を見かけました。

<日本経済新聞:2016年9月24日>
週休3日制、ヤフーが導入検討 働き方を多様に

ヤフーが全従業員の約5,800人を対象とする、週休3日制の導入を検討しているようです。

記事では下記の内容が書かれています。
・人材の争奪戦が激しくなる中、柔軟な働き方の導入で優秀な人材の確保につなげる
・週2日の休みを土日に限定せず自由に選べるようにすることも検討する
・自宅などオフィス以外での勤務を認める制度を月2日から5日に増やす

まず、今回の取組みの一番重要な目的は「優秀な人材確保」でしょう。ヤフーという大手であっても、このような取り組みをしなければ、今後優秀な人材確保が難しくなるという考えから導入を検討しているものと思われます。

土日に限定せず休みを設定でき、オフィス以外での勤務可能な日を増やすといった、より柔軟性の働き方ができる環境づくりを進めるようです。IT企業はそもそも非常に業務が大変な印象がありますが、インターネット環境さえあれば仕事自体はできるという人が多い業界でもあるでしょう。

基本的に激務な印象が強い業界ではありますが、オフィス出勤義務がある事により長時間労働に繋がっているという側面はあると思いますので、制度導入によりより充実した生活を送れる人は確実に増えるでしょう。

ヤフーのような大手だからできる、対応がしやすい業界である。という事はもちろんあると思いますが、このような先進的な企業が実績を作る事で、他社の取組みの推進に繋がってくると考えられます。

何もしなければ積極的に取り組む同業の方に、優秀な人材が集中し自然と差別化がされていきます。自社が欲しい人材確保が難しくなるのは確実ですので、「うちには難しい」と決めつけるのではなく、できる可能性を検討していく事が求められるのではないでしょうか。

関連記事