最新投稿

在宅勤務の導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットが発達し必ずしも仕事をするのは仕事場である必要が無くなってきています。職場外でできる仕事があるのであれば在宅勤務(テレワーク)導入の検討をしてみる価値はあるでしょう。在宅勤務導入に関する記事がありますのでご紹介したいと思います。

<朝日新聞 2016年3月30日>
イオン 在宅勤務導入

以下記事内より抜粋

(対象者)
東北の店長や売り場の課長級社員ら約220人。

(目的)
育児や介護に携わる人が働きやすい環境を整え、人材を確保する。

(方法)
販売促進計画や売上高の報告書づくりを週1回ほど自宅などでできるようにする。会社側でセキュリティー対策を施したノートパソコンを使う。

(経緯)
東日本大震災の影響で、店舗のある地域の人口が減少。人材確保にはい軸や介護による離職を減らす必要があった。試験導入した結果、店長なら月40時間ほど自宅などでの勤務可能と判明。

また、2011年より日本マイクロソフトは全社員約2千人を対象に制度を導入し、女性の離職率が4割減少したとの記載もあります。導入には環境や道具を準備するために最初は投資が必要となるケースが多いですが、退職が減り優秀な人材を確保する事ができれば長期的には回収が可能です。

週40時間ということは約25%の仕事や時間を社外でできたそうで、接客が必要な仕事にもかかわらず思った以上に社外で可能な業務が多いという印象です。

IT企業ではなく小売業でこのような動きが出てきているのは大変歓迎すべき事例です。難しい、できないという声もあったのではないかと思われますが制度が活用され、労使ともにより良い仕事ができる職場環境になるのではないでしょうか。

レジや陳列、搬入等で現場でないとできない仕事もあり、その人たちが同様に在宅勤務をする事は難しいと思います。しかし、今後はロボットが人の代わりに対応するようになっていくでしょう。売場で働く人は減るかもしれませんが、経営戦略等頭を使って経営に貢献する人材がもっと求められるようになるかもしれませんね。

関連記事